指導者がついてトレーニングをする方法

トレーニングの目的と正しいスクワットフォームを維持する

指導者がついてトレーニングを行う際は、あらかじめ目的とやり方を十分に理解してもらい、スクワットのフォームをチェックしてから行ってください。

スクワットバーの持ち上げを補助し、運動者に後ろへ下がってもらいます。トレーニングを行っている最中は、転倒の危険でもない限り手助けしてはいけません

指導者は、運動者がふらついたりする事態にすぐ対処できるよう、手をバーに添えておくだけです。絶対に指導者が腕に力を入れてスクワットを手伝ってはいけません。

ですが、あまり離れているととっさに補助ができないので、できるだけ運動者に近づいておくことが大切です。

最後の1回が立ち上がれない時には、すぐに補助しながらラックにスクワットバーを戻すようにします。

アイアンクリニック脚を使用する際の注意点

転倒を防止し安全に使用するために

https://youtu.be/nr3T8j70Qv8
前傾姿勢でスクワットバー を持ち上げようとする画像

前傾姿勢で持ち上げるのは危険

スクワットバーを持ち上げるときに、前傾状態のまま行うのは危険です。
ラック支柱はバーの転落防止のため、前に押し出そうとしても持ち上がりません。
そのまま力を入れるとバランスを崩し、転倒の危険があるためとても危険です。

垂直方向にスクワットバーを持ち上げる画像

垂直に持ち上げることに留意する

前傾姿勢のまま持ち上げようとする運動者には、すぐに声がけをし、バーの真下に誘導します。
背筋がまっすぐに立つ位置にまで入ったことを確認してから、スクワットバーを静かに持ち上げてもらいます。

週1回・1日30秒の効果的トレーニング

生涯歩くことができる体づくりのために

アイアンクリニック脚を正しく使用し、週1回・一日30秒のトレーニングを続けて

生涯歩き続けられる強い足腰を維持しましょう!

ご用命・お問い合わせは 江崎器械株式会社 まで075-952-1553受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら

”筋肉ドクター” 小島央ドクターの著書

ひざ・股関節の痛みは週1スクワットで治せる!の書籍画像

「ひざ・股関節の痛みは週1スクワットで治せる!」

アイアンクリニック脚の開発者 ”筋肉ドクター” こと、小島央先生が著された書籍です。
こちらのタイトルにもなっている「週1スクワット」とは、まさにアイアンクリニック脚を使用したスクワットトレーニングのことです。
こちらの著書を合わせて読んでいただくとで、より一層筋力トレーニングの重要性をご理解いただけることと思います。

ご興味のある方はこちらからご確認ください。
※Amazonサイトに飛びます

また、こちらの「ひざ・股関節の痛みは週1スクワットで治せる!」は、アイアンクリニック脚の製造・販売を行っている弊社(江崎器械株式会社)社長の江崎が、過去にブックレビューもいたしております。

よろしければ、こちらもご覧ください。

健康ブックレビューのロゴ

トムソンベッド図鑑

「膝・股関節の痛みは週1スクワットで治せる!筋肉ドクターが教える特効筋トレ」を江崎器械代表の江崎がレビューいたしました。